3月 キャベツ編

旬の食材を活用したヘルシー生活のご提案

中国に古くから伝わる薬膳では、自分が生きている風土で、自然の恵みをたっぷり受けながら育った旬の食材は栄養価が高く、健康によいとされています。そんな旬の食材を毎月クローズアップし、ヘルシー生活をご提案いたします。

「天然胃腸薬」のキャベツ。抗がんパワーも注目されています。

キャベツ
緑色が濃く、葉の巻きが柔らかい春キャベツが旬です。一般的に、寒い冬にじっくり育つ品種のほうが、有効成分をため込み、栄養価が高いといわれています。注目の成分は、胃や十二指腸潰瘍の予防とケアに役立つビタミンUや、止血、骨形成などの働きをもつビタミンK。ビタミンCや食物繊維も豊富です。さらに、米国立ガン研究所が発表した、がん予防によい植物性食品リストでは、抗酸化、解毒、免疫力向上成分を含むキャベツは、ニンニクに続く第2位でした。
キャベツの健康効果

役立つ健康ワンポイント

水溶性ビタミンC・Uの損失を減らす調理法を
水溶性ビタミンC・Uの損失を減らす調理法を ビタミンUは、キャベツから発見された※ビタミン様物質で、潰瘍(ulcer)の回復を助ける働きがあることからビタミンU、キャベツにちなんでキャベジンとも呼ばれています。ビタミンC同様、水溶性で熱に弱いのが特長です。調理法としては、青臭さをとるために水にさらすときは、切らずに葉のまま短時間さらす、炒め物は強火で手早く加熱するなどし、ゆでたり煮るときは、汁ごと食べられる料理がお勧めです。これらの成分がより多く含まれている外葉や、芯も薄くスライスして料理に使いましょう。 ※ビタミン様物質とは:体内で、ビタミンに似た働きをしたり、他のビタミンの働きを助ける成分
よく噛んで食べれば、満腹中枢を刺激し、過食防止に!
■よく噛んで食べれば、満腹中枢を刺激し、過食防止に! キャベツをザク切りにして、食前によく噛んで食べると、満腹中枢が刺激され、過食が防げます。塩もみや塩漬けも、カサが減るので量を食べられます。さらにカサが減るのが、ドイツ伝統料理の千切りキャベツを香辛料で調味し、重石を乗せて発酵させたザワークラウト。まとめてつくっておくと便利です。

▲ページの先頭へ戻る

PICK UP 健康やせオススメ情報

  • SALON 教室一覧 全国に33教室展開中、最寄りの教室をお探しいただけます
  • PLAN LIST 体験プラン一覧 イヴならではのお得な体験エステ、本格技術をまずはご体験ください
  • 美養レシピ
  • 健康やせサマーフェスタin大阪 開催レポートページ公開中!
  • CM告知ページ
  • SALON 教室一覧 全国に33教室展開中、最寄りの教室をお探しいただけます
  • PLAN LIST 体験プラン一覧 イヴならではのお得な体験エステ、本格技術をまずはご体験ください